鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

母親の就労を支援する「認定こども園」の存在 「保育所」と「幼稚園」の違い

Excite エキサイト : 政治ニュース 母親の就労を支援する「認定こども園」の存在


近年、少子化が進み、共働き家庭も増加している。平成9年をさかいに、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、その後も共働き世帯の割合が年々増加。それに伴い幼稚園の児童数が減少の一途をたどっている。その一方で保育園に子どもを入園させたい親が増え、待機児童が目立つ現状にもなっている。

 幼稚園も保育所も、就学前の子供が通う施設だが、なぜ保育園ばかりに人気が集中し、待機児童が多発しているのだろうか。その理由は、この2つは目的や対象者が全く異なるということにある。例えば、文部科学省が管轄している幼稚園は、心身の発達を促す幼児教育が目的で対象は3歳以上、預かり時間は1日4時間保育が標準となっている。一方、保育所は、共働き世帯などの子供の保育が目的で0歳から入園が可能であるが、利用は原則的に両親がフルタイムで働いている場合に限られ、1日8時間保育が基本。所管は厚生労働省となっている。


幼稚園=1日4時間保育=文部科学省

保育所=1日8時間保育=厚生労働省


 簡単に言えば、幼稚園は短い時間に集中して教育に力を注ぎ、保育園は生活面全てでの自立を促しているのだ。好景気な時代は「子どもには小さな頃から徹底した教育の場を提供したい」という母親が多く、私立の幼稚園が大人気になり、幼稚園のお受験が活発化していた。しかし現在は、お受験させる親も相当数はいるものの、早急に生活を支えることが必要な経済状況に陥り、働きに出る母親が増えているようだ。そのような状況の中で、幼稚園と保育所の両方の役割を併せ持った第3の施設が登場した。



昨年10月からスタートした「認定こども園」という施設は、就学前のすべての子供が対象で、文科科学省、厚労労働省が合同で管轄する。親が働いているかどうかも不問で、幼稚園のような短時間利用にも、保育所のような長時間利用にも対応。基本的には2歳児までは保育が主体で、3歳児以上は全員に幼児教育を行い、必要に応じて保育も提供する。国が認定しているという点での安心感も大きい。


 具体的な認定基準は、国の指針を参考に各都道府県が条例で認定する。これまでに認定を受けたのは秋田県の5園だが、両省が都道府県のほぼ半数を対象に行った調査では、今年度中に約100カ所、来年度以降に約500カ所の申請が見込まれている。



市区町村別の出生率、最大で1.68の差 鹿児島県 伊仙町 天城町 徳之島町 : 関連記事(奄美の商店街ブログ)



外出には7割が車を利用、ママにとって「公共交通機関は使いにくい」 : 関連記事(奄美の商店街ブログ)



お父さん涙目!? 愛する娘の成長を見届けることができるサイト : 関連記事(奄美の商店街ブログ)




[PR]
by amamigennki | 2009-04-06 20:00 | 子育て