鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レジ袋食べる海亀が急増 生息状況悪化の一因に 「環境への取り組み」都道府県ランキング発表

Excite エキサイト : 社会ニュース レジ袋食べる海亀が急増 生息状況悪化の一因に 【共同通信】


 現存する最大の海亀で、絶滅の恐れが極めて高いとされるオサガメのおなかからレジ袋などのプラスチック製品が見つかる割合が1960年代後半以降、急増していることが、カナダ・トロント大などの研究グループによる20日までの調査で分かった。

 世界各地の海岸に死骸で打ち上げられるオサガメの40%近くからプラスチック製品が確認され、中には消化管に詰まって直接の死因と疑われる例もあった。クラゲを主食とするオサガメは、海面に漂う袋などを餌と誤認して飲み込むことが多いとみられる。研究グループは「海に浮かぶ大量のプラスチックごみが生息状況を悪化させる一因となっている」と指摘した。


オサガメ(2009年4月20日)現存する最大の海亀。
全長2メートル超、体重は最大で900キロを超える記録がある。ほかの海亀と違って甲羅が発達しておらず、背中は硬い皮で覆われている。熱帯域の海岸で産卵し、日本沿岸を含めた広い範囲を回遊する。生息地の破壊や乱獲、漁網による混獲などで各地で個体数が急減。特に東部太平洋の生息状況が深刻で、国際自然保護連合(IUCN)は「極めて絶滅の恐れが高い種」に分類している。




--------------------------------------------------------------------------------

「環境への取り組み」都道府県ランキング発表 エコバッグの普及は富山県がトップ : マネージン


 ブランド総合研究所の「都道府県別エコへの取り組み調査」により、エコバッグの普及が進んでいるのは 富山県が79.7%で1位だった。





[PR]
by amamigennki | 2009-04-20 13:53 | 環境