鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【活気を呼び戻せ 新・がんばる商店街】(4)いわき駅前商店街 福島県いわき市 中心市街地活性化

【活気を呼び戻せ 新・がんばる商店街】(4)いわき駅前商店街 福島県いわき市 : 産経新聞

 福島県いわき市のJRいわき駅前の商店街では、駅前にオープンした再開発ビルなどを活用し、中心市街地ににぎわいを取り戻そうと、官民一体となって取り組んでいる。商業、学校、病院などの機能を都市中心部に集約させるコンパクトシティ実現を目指し、プロジェクトチームを組織。魅力ある商店街づくりや情報発信などのソフト事業を展開している。

 いわき市の中心市街地の平地区では、JRいわき駅前に再開発ビル「LATOV(ラトブ)」が平成19年10月にオープン。集客力のあるこの施設を生かし、中心市街地に人を引き寄せようと官民で組織する「いわき駅前賑(にぎ)わい創出協議会」の実働部隊として、19年4月に商業者が中心となり「コンパクトシティ推進プロジェクトチーム」が設立された。

 「ラトブ」はいわき駅前商店街にとって、中心市街地活性化の起爆剤の期待が高かった。だがビルが出来上がるにつれ、「施設ができても商店街ににぎわいが生まれるだろうか」といった危機感を商業者などが抱くようになった。

 商業者といわき商工会議所では、ハードを生かすためのソフト事業が必要と考え、コンパクトシティの先進地といわれる青森市で、独自の手法で中心市街地の再生に取り組む現・新町商店街振興組合副理事長の加藤博氏の指導を受けることに。18年秋に加藤氏を招いた講演会を開き、19年3月には青森市を視察。これらを踏まえ、まちづくりの方向性をコンパクトシティに定め、推進プロジェクトチームが発足した。

    ■■■

 プロジェクトチームでは、一店逸品運動推進▽街なか駐車場検討▽空き地・空き店舗有効利用▽街なか情報発信-の4部会を設け、それぞれの事業の実現化に取り組んだ。

 一店逸品運動は、店のこだわりの逸品の開発や情報発信を行い、店の魅力アップを図るのが狙い。加藤氏のアドバイスを受けながら、消費者に意見を求めたり、参加店が互いに意見や感想を出し合い、店や商品の魅力を再認識したといい、現在36店舗が参加している。

 昨年11月からは「お店回りツアー」を実施。参加者を募り、客を連れて店を巡りながら逸品を紹介する企画で、6月に3回目を実施する。参加希望者が多く、キャンセル待ちになるほどの人気という。

     

 ■ いわき駅前再開発事業 平成14年に再開発事業が都市計画決定。15年に「いわき駅前地区市街地再開発組合」が設立。19年10月に再開発ビル「LATOV(ラトブ)」がオープン。地上8階、地下2階。1~3階は商業施設。4階は市民サービスセンター。4、5階は総合図書館。6階は産業創造館。7、8階はオフィスなど。地下1、2階などが駐車場( 400台)。2階といわき駅はペデストリアンデッキで結ばれている。ペデストリアンデッキはいわき市のいわき駅周辺整備事業として整備され、来春には南口駅前広場が完了する予定。

--------------------------------------------------------------------------------

『新・がんばる商店街77選』を公表 ~各地で始まる「地域コミュニティの担い手」としての取組み~ : 経済産業省







[PR]
by amamigennki | 2009-05-20 11:00 | 【新・がんばる商店街】