鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【農業/技術】双日、中東の砂漠でおいしいトマトの栽培に成功…水の使用極少 世界展開へ

Excite エキサイト : 経済ニュース
砂漠でもおいしいトマトを - 独自システムで水の量を抑え栽培に成功、双日 : マイコミジャーナル

 国内外に事業を展開する総合商社の双日は14日、土を使用せず水の量を極力抑えた独自の植物栽培システムにより、アラブ首長国連邦(UAE)の試験設備において高糖度で品質の高い「トマト」の栽培に成功したと発表した。

 同システムはUAEの財閥アルグレアグループおよび早稲田大学が直接出資するバイオベンチャーのメビオールが開発したもので、土を使用せず水の量を極力抑えた状態で野菜を栽培できるという。地面にあたる部分に保水力がある特殊なフィルムを設置。野菜と養液はフィルムで隔離して栽培され、フィルムが養液から水と養分のみを吸収して直接野菜の根に供給する仕組み。野菜は水と養分を得るために膨大な数の毛根を生やしてフィルム表面に張り付き、通常の土を使用する栽培と比べて毛根の発達が格段に優れるとしている。トマトは養液の吸収を高めるために糖分やアミノ酸などを大量に作り出すため、高糖度なものに成長するとのこと。

試験設備はUAEのシャルジャー首長国に建設され、広さは480m2。双日とメビオールは共同で2009年1月に試験栽培を開始し、高温乾燥で極めて降雨量が少ない気候の中、800の株に8万個の実をつけたという。






[PR]
by amamigennki | 2009-05-21 07:00 | 農業