鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:まちづくり( 10 )

Excite エキサイト : 経済ニュース 「老いる都市」から考える 再生ビジネスに注目してみる

■都市インフラも「一斉退職」のタイミング

 2月中旬に、日経新聞の東京版で掲載されていた『老いる都市』という連載記事。この連載はおもしろかったですよ。私もこの連載から、大きなヒントを得ています。

 東京以外の地域の皆さんはじめ、この連載を読んでいない方に要旨をお話しすると、 「高度経済成長期に作られ日本のインフラを支えてきた建造物が、今どんどん老朽化しており、問題がおきている」 という内容でした。

 非常にざっくりとしていますが、この要旨さえわかっていれば、先読みのヒントには十分です。さて、30代以降の人たちにはなじみのあった0系新幹線が、最近惜しまれながら引退となりました。新幹線といえば、高度経済成長期のシンボルです。

 この0系新幹線と同じように、「高度経済成長期に作られたモノも一斉退職の時代に入った」 というのは、とても大事な情報なのです。

 ほかにどのようなものが老朽化しているかといえば、たとえば橋梁。車が渡ると危険なほどの状態のものが、全国に増えているそうなのです。国土交通省がまとめた昨年4月1日現在での調査によると、自治体が管理している長さ15メートル以上の橋13万4410ヶ所のうち、点検を実施しているのは4割にすぎないそうです。その中で977ヶ所に問題が見つかり、通行止めなどの対策を行っているそうです。これでは、同じくらい危ない橋がどれだけあるのか、国土交通省でもどうやら正確な状況を把握し切れていないですよねぇ。

 また、下水管というのは、高度経済成長期の相当前から整備されたものなんだそうです。横浜の下水管の一部はなんと、150年も経っているそうですよ。横浜に限らず、東京などの大都市は早い時期から近代都市としての整備を進めてきているので、老朽化は一斉に、かつ一気に進むようです。建物にも問題があります。まだ20年しか経っていない都庁ですら、雨漏りしているそうです。

 今、国も地方公共団体もどこも苦しい状況です。しかも大型インフラ建造物の補修には、相当な費用がかかります。しかし、こうしたインフラの維持費をケチると大変危険なのは言わずもがなですね。

ちなみに、約1600億円も掛けて作った都庁の本庁舎ビルを改修するのに、約1300億円も掛かるという試算もあるんだそうです。まあそれなら、「ぶっ壊して、新しくエコなビルを作った方がええんちゃうかな」って思いますよねぇ。

■公共事業は新築から補修へ : マネージン





[PR]
by amamigennki | 2009-05-05 10:00 | まちづくり
Excite エキサイト : ITニュース クルマへの関心度、男女差は以前の3分の1に縮まる

 「若者のクルマ離れ」がいわれるが、日本自動車工業会の調査によると、クルマへの関心が下がっているのは都市部の男性で、地方や女性には以前と変化は見られないことがわかった。


クルマ購入への「強い気持ち」は低下傾向

 日本自動車工業会が2008年の6月から10月にかけて行った「2008年度乗用車市場動向調査」では、今後数年内に社会人となりクルマを購入し始める「現大学生(18~24歳の4年生大学・短大在学中の男女、2008年度現在)」を「エントリー世代」として分析を行っている。

 エントリー世代のクルマの使い方をみると、親の車(共用車)を使う人が増え、家族と乗る機会が増えている。クルマの用途としては買い物が増え、余暇・通学が減少している。

使用車(クルマ保有世帯・免許保有者・最近2~3か月内に利用機会あった人ベース)

 「クルマ離れ」といわれるものの、実際にはクルマへの購入意向は以前と変わらず高い状況にある。しかし、購入への強い気持ちが低下しており、購入時期については「学生の間」「社会人になってすぐに」が減り、慎重な姿勢がみられた。


女性に高まるクルマへの関心

 エントリー世代の特徴として、高額の商品を購入した経験が以前の大学生よりも少ない点があげられる。「無理せず自分のペースで暮らしたい」という価値観が強いほど高額消費が少ない傾向にあり、インターネットでクチコミなども含めた情報収集には熱心だが、実物の確認や店員からの説明を聞くなどの行動は減少傾向にある。

世代別、男女別 クルマ関心度 : マ-ケジン





[PR]
by amamigennki | 2009-05-04 20:00 | まちづくり
Excite エキサイト : 政治ニュース 全国の都市公園遊具 設置20年以上が4割にも

 国土交通省は都市公園の安全管理の強化を図るため、全国の都市公園などに設置されている遊具の設置状況や安全点検の実施状況を平成19年度(平成20年3月31日現在で)に実施。その集計結果をまとめ、1月12日までに公表した。遊具が設置されてから20年以上経過しているものが18万8247基と設置遊具全体の4割以上にのぼり、19年度中の安全点検の結果、修理や撤去等の安全確保措置が必要になった遊具は4万2081基に上っていたことが分かった。このうち、5646基は撤去された。


 この調査は1443の地方公共団体等において、遊具が設置されている12万9534 箇所の都市公園とその他の公園を対象に実施したもので、設置されている遊具の総数は43万7068基と、前回調査(16年度)に比べ、1・1%増えていた。


 設置数の多い遊具は、踏み板式ぶらんこ(6万8033基、遊具全体の15・6%) 、すべり台(6万6303基、15・2%1)、砂場(6万1466基、14・1% )で多い順は前回調査と同じだったが、設置数の増加割合では健康遊具が57・5%増、複合遊具(鋼製)が15・9%増、スプリング遊具が9・1%増と健康遊具の伸びが目立った。一方で、設置数の減少割合が高い遊具として回転塔(31・7%減)、ゆりかご型ぶらんこ(25・6%減)、ジャングルジム(12・2%減)と遊具使用中に怪我や事故の事例が発生していた遊具は安全性を考えてか、減少した。


全国の都市公園遊具 設置20年以上が4割にも : エコノミック・ニュース


--------------------------------------------------------------------------------

品川、子供の発想で公園づくり ドキドキする公園を造りたい 品川区 : 奄美の商店街ブログ





[PR]
by amamigennki | 2009-05-04 10:00 | まちづくり
《NY市》 無線インターネット利用の自動水道メーターを導入 : 東京IT新聞


 ニューヨーク市は3月24日、同市の持つ無線インターネットインフラを利用した新しい水道メーター自動読取りシステムの導入を発表した。このシステムは、既にボストンやワシントンDCで利用されているこの種のシステムのさらに進化したモデルで、各種データ収集を手がけるACLARA Technology社の開発によるものだ。市内の各水道メーターに無線インターネットの送信機を取り付け、1日に4回使用量データを市の情報通信・技術部内のデータ収集システムに送信する仕掛けになっている。


ニューヨーク市環境保護局のウェブサイト(http://www.nyc.gov/html/dep/)より。予算2億5000万ドルをかけて市内の水道メーターを無線インターネット利用の自動水道メーターに交換し、水道料金の徴収コスト引下げと回収率向上を図る。


 公共部門においてIT技術が貢献する例となりうりそうなものとして、ちょうど先ごろ発表された「Google PowerMeter」も挙げられる。こちらが扱うのは水道ではなく電力。やはりデータを送信できる「スマートメーター」から電力消費量を収集し把握できるようにすることで、効率的な電力利用を支援する。





[PR]
by amamigennki | 2009-04-23 11:00 | まちづくり
Excite エキサイト : 経済ニュース 不況のマンション業界に新旋風 ムダ省いたシンプル型が人気!


 長谷工コーポレーションが売り出した“不景気対応型”マンションが人気を集めている。この3月から販売を開始したが、すでに59戸中36戸が売れ、連休前に完売しそうな勢いだ。


 同条件の近隣物件より約10%安いが、これは“不要”なものを限界までそぎ落とすことで建設費を抑えたため。たとえば、ディスポーザーや浄水器、IHクッキングなどはやりの設備はもとより、通常マンションに標準装備の下駄箱、トイレの棚、台所の吊り戸、作り付けクローゼットなどもまったくない。共用設備に至ってはエントランスルームのみ。間取りも3タイプしかないが、単純な設計のため、コンクリートの使用量も通常より少ない。


 この結果、建設費を通常のマンションより2割ほど下げ、販売価格も12~13%下げることができる。シンプルなぶん、修繕積立金も安上がり、と顧客にもメリットが大きい。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-21 13:00 | まちづくり
シブヤ大学・恵比寿キャンパスの授業に参加してきた | Excite エキサイト シブヤ大学・恵比寿キャンパスの授業

先週末、「シブヤ大学」から2つの新キャンパス「恵比寿キャンパス」と「表参道キャンパス」が誕生した。

この「シブヤ大学」とは、東京・渋谷の街にゆかりのある人々が「先生」となり、アートやファッション、ビジネスや暮らしの話、モノづくり、習いごと、社会見学まで、多岐にわたったテーマの授業を展開しているNPO法人。名称は“大学”だが校舎を持たず、映画館やカフェ、本屋、神社、公園、小学校など渋谷区の様々な施設が“教室”となり、渋谷区全体を“キャンパス”と見立てているのが魅力なところ。授業料は原則無料(※材料費などの実費が発生する場合は別)で、2006年9月の開校以来、去年の11月で授業参加者が1万人突破と、人気の高さもうかがえる。

そんなシブ大から、より特定の地域に根ざした形で、学び・コミュニティの場づくりを実現しようと、恵比寿・表参道キャンパスが“開校”したわけだ。


シブヤ大学

【ベランダやさい学科】 ベランダから農業をはじめよう~ゴーヤ編~




[PR]
by amamigennki | 2009-04-19 11:00 | まちづくり
a0074317_18311726.jpg


松下電工は、年間4000時間点灯した場合に約15年間もランプ交換が不要となる長寿命の照明器具「エバーライト」を搭載した製品を相次いで市場に投入する。

「防犯灯」はすでに2008年3月17日に発売し、「モールライト」は08年4月1日に発売する。


従来の水銀灯用器具より価格は高いが、「初期コストのアップ分を3年以内で償却」でき、ランニングコストとCO2削減が可能だという。希望小売価格(税込み)は、「防犯灯」が4万9875円~6万4575円、「モールライト」が15万150円~17万2200円。


60,000時間の長寿命、すぐれた省エネ性で環境配慮に対応したエバーライトシリーズ
「防犯灯」 「モールライト」を普及価格帯で新発売


エバーライトシリーズ : パナソニック





[PR]
by amamigennki | 2009-04-13 20:00 | まちづくり
国道凍結18路線を発表 地方中心、高規格道も :アサヒコム


国土交通省は31日、交通需要が見込めないため建設を凍結する直轄国道18路線を発表した。国道17号浦佐バイパス(新潟県)、国道220号青島―日南改良(宮崎県)など地方圏が中心で、東京、大阪の大都市圏にはなかった。18路線の総事業費は5800億円で、既に2800億円が執行されていた。今回の措置で、09年度予算に計上された事業費は当面執行されない。今後、地元自治体と事業の存廃について話し合う。

 建設中の直轄国道617カ所を昨年11月に見直した交通需要予測で見直した。この18カ所が、整備にかかる費用が時間短縮など経済効果を上回った。

 今回の凍結対象には、1万4千キロの整備計画が決まっている高速道路の国道55号高知南国道路(高知県)も含まれた。都道府県単位では北海道、沖縄が各3カ所、新潟、鹿児島、高知が各2カ所など、合計で12道県。


a0074317_18195785.jpg




--------------------------------------------------------------------------------

国道建設凍結 地域が振り回される構図 琉球新報 : 社説 2009年4月2日 


国土交通省が全国で建設中の直轄国道約600件のうち、沖縄県の与那原バイパスなど3件を含む18件について事業を一時凍結すると発表した。道路整備の効果が費用を下回ったためとしているが、今世紀に入って中止は一件だけだから、唐突な印象は否めない。
 整備効果をどう点検したのか、地域の事情も踏まえた判断だったのか、いずれも不透明で釈然としない。当初計画から狂いが生じたとすれば、見通しの甘さも含めて行政側に少なからず責任があり、完成を待ち望む地元自治体や住民への明確な説明が求められる。
 事前聴取もない寝耳に水の状態では、当該地域が「一方的だ」と憤慨するのも当然だ。失政のつけを回され、振り回される構図では地域はたまらないだろう。



--------------------------------------------------------------------------------

県内3国道事業を凍結/国交相 コスト減指示/地元、強く反発 沖縄タイムス : 政治面 2009年04月01日


 国土交通省は31日、全国で2009年度に実施予定の直轄国道など617件の事業を点検した結果、12道県の18件は道路整備の効果が費用を下回ったとして、事業を一時凍結すると発表した。県内では西原、与那原、南風原3町にまたがる国道329号の与那原バイパス(4・2キロ、総事業費580億円)と南風原バイパス(2・8キロ、同600億円)、南城市の国道331号中山改良道路(2・1キロ、同85億円)の3事業が対象となった。

 与那原・南風原両バイパスでは、一部だが計3カ所、総延長1キロですでに一般の利用が始まっている。

 整備計画のある自治体では「バイパスを前提に町づくりを進め、用地買収や企業誘致も進んでいる。整備事業の凍結は町を殺すようなものだ」(古堅國男与那原町長)と強く反発している。

 国交省によると、直轄国道は2000年度に5件、08年度に1件を中止した例があるだけで、18件の凍結は異例。「無駄な道路を造り続けている」との国会での批判を受けた措置で、各自治体からの反発が予想される。



--------------------------------------------------------------------------------

直轄国道建設凍結 宮崎日日新聞社 : 社説 2009年04月03日


地域の実情反映した判断を


 国土交通省は全国で2009年度に実施予定の直轄国道整備事業などを点検、本県の国道220号「青島―日南改良」事業など全国12道県の18件で道路整備効果が費用を下回ったとして、事業を一時凍結すると発表した。

 国の財政再建を進める中、多くの道路建設が「税金の無駄遣い」と批判されてきたのは事実だ。

 だが、本県などのようにインフラ整備が遅れている地方、中でも山間地などでは、災害や医療の面でも住民の生活に欠かせず、整備が必要な路線も少なくない。

 国交省の判断基準では時間短縮効果などの便益が重視されているが、全国一律にそれを適用するには問題も多い。凍結対象となった地元の声に耳を傾けるべきだ。



--------------------------------------------------------------------------------

国道整備凍結 霞が関の目線だけでは 北海道新聞社 : 社説 2009年04月05日

国道整備凍結 霞が関の目線だけでは

整備中の国道の工事を一時凍結する。国土交通省がこんな方針を打ち出した。
対象になったのは道内の三件を含めて十二道県で計十八件に上る。本年度の予算の執行を取りやめる。
昨年の国会論議を受けて経済効果を見直したところ、費用の割に効果がないのが分かったからだという。

 道内は230号国縫道路、232号天塩バイパス、278号鹿部道路が含まれる。ほかに沖縄が三件、新潟と鹿児島が二件など、いずれも地方の道路である。
 なるほど、渋滞の解消など経済効果の物差しを当てれば、人口の少ない地方は都市部には太刀打ちできない。限られた予算を効率よく使うには優先順位というのもあるだろう。

 計画した公共事業であっても、適宜、検証し見直すことは必要だ。いったん走り始めたら止まらないのでは困る。それは完成までに時間のかかるダム事業などに限ったことではない。
とはいえ、今回は判断の基準や決定までの過程に問題がないとは言えまい。








[PR]
by amamigennki | 2009-04-13 19:00 | まちづくり
Excite エキサイト : 経済ニュース 1500万円を稼ぐ紙芝居師にプレゼンテクを聞いた! : フリーマガジンR25


自転車に舞台を乗せ、子どもを相手に紙芝居を口演する。そんな昔ながらのエンターテインメントで年収1500万円を稼ぐ稀有な人がいるという。その人の名は、安野侑志さん。京都を中心に40年近く活動しているプロの紙芝居師だ。なぜ、そんなに稼げるのだろう?


「企業や自治体からの依頼が増えたからです。平成16年に学校の週5日制が定着し、学校に通っていた子どもたちのために、土曜日の居場所を作ろうと文部科学省が動いたため、地域のイベントが一気に増えたのです。文科省から自治体への予算がついたため、1回の公演料が20万円ほどにまでアップしました」


今ではデパートや不動産の展示場など、子ども向けイベントスペースでの公演も増加。企業が1回30万円の公演料を払ってでも依頼するのは、子どもがその場を離れず、親が買い物に集中する環境を作れるからだ。



人気のある紙芝居ランキングはコチラ





[PR]
by amamigennki | 2009-04-12 12:00 | まちづくり



Excite エキサイト : 芸能ニュース 【将棋】名人戦対局中の羽生名人に朝日新聞委託記者がサインをねだる


先ごろ行われた将棋「名人戦」で、対局に同席していた観戦記者が対戦中の羽生善治名人(38)にサインを求めていたことが分かった。生放送中のテレビカメラの前での“大胆不敵”な行為に羽生は一瞬驚いたものの淡々と応じた。記者は主催者の朝日新聞の嘱託を長くつとめ、今回の観戦も朝日から依頼されたものだが、非常識な行為に将棋ファンから非難の声があがっている。

 今月9日、東京・椿山荘で郷田真隆九段(38)が羽生に挑戦した「第67期将棋名人戦七番勝負」の第一局。NHK-BSが生放送する中、観戦記者として同席した東公平氏(75)は、44手目を考慮する羽生に対し、おもむろに扇子とペンを取り出し、サインをねだった。

 日ごろ冷静な羽生も、この“おねだり”にはさすがにビックリ。一瞬事態を飲み込めない様子だったが、すぐに気を取り直してサインした。この様子に、熟考中だった郷田も苦笑い。番組で解説していた木村一基八段(35)も、NHKアナウンサーの「いま、サインを求める場面が見られました」との“実況中継”に凍り付いた表情をみせた。


--------------------------------------------------------------------------------

将棋:後手が有利? 08年度公式戦、初めて勝ち越し : 毎日新聞社


将棋の2008年度の公式戦は、後手番が勝ち越した。日本将棋連盟が1967年度に統計を取り始めて以来、初めてのケース。主導権を取りやすい先手番が少し有利という状況が40年余り続いてきたが、この1年は逆の結果が出た。

 08年度の公式戦は30日までに2339局あり、後手番の1175勝1164敗(勝率5割2厘)。31日には1局しかなく、勝ち越しが確定した。これまで後手番の勝率は68年度の4割9分5厘が最高、04年度の4割4分6厘が最低だった。



[PR]
by amamigennki | 2009-04-11 21:00 | まちづくり