鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:暮らし( 18 )

おカネあるのに使わない高齢者 それが若者の低賃金を生む : J-CASTニュース

 車や旅行が売れないのは、若者がお金を使わないからだ。一面、これは正しい。ところが、個人金融資産の内訳を見ると、8割が50歳代以上なのだ。むしろ、お金のある高齢者が消費しないため、若者にお金が環流しないという構図が見えてくる。

個人金融資産のうち8割を50歳以上が持つ

 今どきの若者は、車も買わないし、旅行にも行かない。金を溜め込んで、家でケイタイやネットばかりしている。
そんな議論に対し、ネット上では、「お金がないから仕方がないだろ」といった反論がよく見られる。主に若い世代かもしれない。もちろん、お金があっても車や旅行を購入しない可能性はある。しかし、若者にお金がない、というのを裏付けるかのような個人金融資産のデータがあるのだ。それが、情報サイト「Garbagenews.com」で2009年1月31日紹介され、タイムリーな話題としてネット上で脚光を浴びている。

 第一生命経済研究所が、2005年7月5日にまとめたレポートだ。それによると、04年度末の個人金融資産約1400兆円のうち、30歳代以下は1割にも満たない。ほとんどが中高年で、うち5割強を60歳以上が占めている。団塊世代を含む50歳以上だと、8割にも達するのだ。現在は、資産総額が約1500兆円に増えているが、担当の主席エコノミストによると、こうした傾向は変わらないという。

 レポートでは、高齢者に資産が偏在する理由として、退職金のほか、住宅ローン返済完了、子どもの経済的自立、親からの資産相続などを挙げる。さらに、担当の主席エコノミストは、「高年齢化や年金など社会保障の不備による先行き不安や、バブル崩壊の悪夢が忘れられないこともあって、貯蓄が増えている」と分析する。







[PR]
by amamigennki | 2009-05-24 11:00 | 暮らし
不景気の影響で「もやし」が異例の大人気! : 東京ウォーカー

 世界的な景気後退で大企業まで昇給なし、ボーナスカットという世知辛い昨今。節約の必要に迫られる人々が多い中で、人気を集めている食材が「もやし」だ!

「もやし」といえば何よりも魅力的なのはその安さ。貧乏生活を送る学生時代などに自炊でお世話になった人も多いだろう。

「通常『もやし』の年間の需要の動きとして、野菜の端境期となる3月、5月、10月などに増える傾向があります。ですが東京都中央卸売市場の出荷データなどを見ても、昨年のリーマンショック以降に例年とは異なる出荷の伸びがあり、生活防衛意識が高まるなかで安い食材の代表格として人気が高まっているものと思われます」。

こうした動きの中、女性生活情報誌やTVの情報番組でも節約食材としてもやしが取り上げられ、調味料メーカーからも「もやし専用調味料」の新商品が増えている。料理レシピのサイト「COOKPAD」でも1万2000件を超える「もやし料理」のレシピが寄せられるなど、人々の“もやし熱”は高まるばかりだ。





[PR]
by amamigennki | 2009-05-24 07:00 | 暮らし
Excite エキサイト : 経済ニュース 実質GDP年率15・2%減 戦後最大のマイナス

 内閣府が20日発表した2009年1-3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動を除いた実質で前期(08年10-12月期)に比べ年率換算で15・2%減となった。マイナス幅は前期を抜き、戦後最悪の大きさ。世界的な不況で輸出が大幅に落ち込み、個人消費も減少し総崩れ状態になった。戦後初めてとなる4・四半期連続のマイナス成長で、日本経済が歴史的な不況に陥っていることが鮮明になった。






[PR]
by amamigennki | 2009-05-20 10:00 | 暮らし
Excite エキサイト : 経済ニュース 不況により「専業主夫」が世界各国で増加 女性が家計の大黒柱へ

 家事を専業とする「専業主夫」が日米を含め、世界的に増加している。女性の社会進出と不況によってこの傾向は近年ますます強くなっている。

 不況の今、男女の仕事の役割を見直す動きが出ている。先週米国ABCニュースは、夫の失業で家計を支えることになった家族を取材した。

 最近では家事を専業とする夫は「専業主夫」と呼ばれている。この専業主夫は、米国では1996年に4万9000人だったが、06年には15万9000人の3倍強に増加している。これに輪を掛けたのが昨年からの世界不況で、失業者自体も増えているが、とくに米国では女性より男性の方が失業率が高い傾向があり、結果的に性別による役割を見直すカップルが増ているのだ。

 専業主夫が増えているのは米国だけではない。アジアでは中国や韓国でも増えており、日本も例外ではない。国内の国内の専業主夫は年々増加傾向にある。厚生労働省によると、家事を専業とする国民年金の第三号被保険者となっている男性の数は97年から7年連続で増加の傾向にあり、03年度は8万108人と初めて8万人を突破している。10年前の96年度と比較すると約2倍にも上っている。

 このように世界的に男女の仕事の役割が逆転するケースも出てきているが、ただ実際には夫婦のどちらかが働くというより、「両方で働かないと暮らしていけない」という意見も多く、家事や育児に「専業」すること自体が難しい時代になっているのが現状だ。

不況により「専業主夫」が世界各国で増加 女性が家計の大黒柱へ : マネージン







[PR]
by amamigennki | 2009-05-19 20:00 | 暮らし
Excite エキサイト : 社会ニュース エコポイント商戦開始 大手量販店は出足好調

 省エネ家電の購入を促す政府の「エコポイント」制度が始まった15日、家電量販店の来店客数は通常の平日より多く、対象商品の売り上げも大幅に伸びるなど順調なスタートを切った。総合スーパーを含む小売り各社は、独自の値引きセールを始めるなど販売戦略を強化している。同制度は、一定の省エネ基準を満たすエアコンや冷蔵庫、地デジ対応テレビを買うとポイントがもらえ、商品券などと交換できる。





[PR]
by amamigennki | 2009-05-16 10:00 | 暮らし
Excite エキサイト : コラムニュース 雇用保険制度改正のニュースを「知らない」2割

ニュースを「知らない」人の6割が転職経験なし
 ~失業保険受給率が高いのは女性と30代

詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。

 2009年3月に失業手当受給条件の緩和などを盛り込んだ改正雇用保険法が成立した。リーマンショックの影響で未曾有の不況といわれる2009年、ネットユーザーは雇用保険制度改正についてのニュースをどう見ているのか、また、失業保険を受けた経験はあるのかなどについて20代から40代の男女319名に調査を実施、回答を集計した。

転職の経験がある人に退職から再就職までの期間を聞いたところ、全体の8割近くが1年未満と回答。男性は半数以上が3か月以内に再就職しているが、女性は約7割が3か月以上と無職期間が長い傾向がみられた。

『求職者給付』、『就職促進給付』、『教育訓練給付』、『雇用促進給付』の4種類ある失業保険。転職経験者の53.3%が受給したことがあり、男性(47.1%)に比べて女性(59.7%)の受給率が高めだった。最後に失業給付手続きをしたのは近い順から「現在受給中・申請中(4.2%)」、「2009年1月~3月(5.6%)」、「2008年9月~12月(5.6%)」、「2008年1月~8月(6.9%)」、「2007年(9.7%)」、「2006年(4.2%)」、「2005年(4.2%)」、「2004年(9.7%)」、「2003年以前(50.0%)」。2009年は調査実施(4月中旬)までの4か月弱で9.7%と、例年に比べややハイペースといえそうだ。





[PR]
by amamigennki | 2009-05-13 09:00 | 暮らし
NHKスペシャル「“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言」 : NHKオンライン

2009年5月6日(水) 午後7時30分~8時43分 総合テレビ

 日本経済を牽引してきた輸出製造業が相次いで正社員削減を発表。日本は今、非正規社員に加えて正社員もいつ失業するか分からない、「大失業時代」に突入しようとしている。

 将来どうなるのか。今後20年に渡って社会の中核を担う35歳1万人にアンケートを行い、「20年後の日本」をシミュレーションしたところ、中間層の崩壊が急加速することが明らかになった。これからの日本を支える今の30代が安定した収入を得られず、家庭や子供を持てないと、税収や消費が落ち込む一方で福祉コストが嵩む超コスト負担社会になり、日本は衰退を免れない。

 どうすれば良いのか。国内外の取材で見えてきたのは、雇用の流動化を前提にしたセーフティーネットやスキルアップ支援などの雇用対策に加え、子育てや教育、住宅支援などを合わせた総合的な新しい社会システムの構築が不可欠ということだ。こうした人に投資する具体的な対策をすぐに行えば、中間層の崩壊は食い止められ、超コスト負担社会を回避できることが未来シミュレーションでも裏付けられた。「大失業時代を」をどう乗り越え、将来に希望が持てる日本を創るか、徹底取材を元に解決への道を探る。






[PR]
by amamigennki | 2009-05-06 14:34 | 暮らし
Excite エキサイト : 社会ニュース <ミツバチ>1000万匹不足 青果受粉用、農家ピンチ


 イチゴやスイカなど果物や野菜の受粉に使われる「セイヨウミツバチ」が不足しているため、生産コストが上昇し農家が苦慮している。農林水産省は21日、特に茨城、鳥取など7県で不足が深刻で最大約1000万匹が足りないと発表した。このまま不足が続けば、果物などの価格高騰につながりかねない状況になっている。

 茨城、鳥取両県以外でミツバチが不足しているのは▽青森▽山形▽神奈川▽滋賀▽熊本――の各県。

 受粉でセイヨウミツバチを使う作物は、イチゴのほか、メロン▽ナシ▽ナス▽カボチャ▽サクランボ――などで、農家は養蜂業者などから購入したり借り入れている。

 農水省によると、ミツバチ不足は昨年秋ごろから言われ始め、購入代やレンタル代が約5割も上昇した地域もある。ミツバチがいなければ受粉作業を手作業でやることになり、10アールあたりの生産コストが約2000~1万円も上昇。すでに20都道県で経営や栽培に悪影響が出ているという。

 不足の原因としては? : 毎日新聞社






[PR]
by amamigennki | 2009-04-26 11:00 | 暮らし
Excite エキサイト : 経済ニュース 店・客ともにメリットあり。スーパー、コンビニでセルフレジ増加の背景


スーパーやコンビニで、セルフレジを導入する店が増えている。セルフレジとは客が代金を支払う際、自分で商品バーコードのスキャンから袋詰め、清算までを済ませるシステムだ。


 顧客にとってのメリットは、何を買ったか他人に知られないなど、プライバシーを守れる点にある。また、買い物点数が少ない顧客にセルフレジを利用してもらうことで、「会計を済ませるまでの待ち時間が長い」といった顧客の不満を解消することができる。

 店舗側の最大のメリットは、レジ部門の人件費削減である。加えて、省スペースにもなる。最新のセルフレジには、従来製品のおよそ半分程度のスペースしかとらないコンパクトなものもある。また、セルフレジの場合、客が商品を買い物カゴから直接レジ袋に移すので、客用の袋詰め作業台が不要になるのだ。空いたスペースは催事売場などとして有効活用できる。


--------------------------------------------------------------------------------

am/pm、セルフレジの導入を30店舗に拡大へ レジ担当の人件費を減らす : IT media


エーエム・ピーエム・ジャパンは1月27日、顧客がレジを操作して会計を済ませる電子マネー専用のセルフレジの導入店舗を拡大すると発表した。4店舗に試験的に導入していたセルフレジを3月上旬より増やし、25~30店舗に導入するという。

am/pmが導入するセルフレジ(出典:エーエム・ピーエム・ジャパン) 導入するのは電子マネーの「PASMO」と「Edy」の両方、もしくは一方で支払いができるセルフレジ。本体の液晶ディスプレイに表示される動画やイラストによる案内に合わせて画面に触れていくことで、購入の手続きができる。レシートの発行の有無を選べる機能を備え、買い物袋をディスプレイの横に置いて自由に取れるようにする。増設しても新たに店員を増やさなくてもいいため、レジ担当者の人件費を減らせる。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-22 10:00 | 暮らし
Excite エキサイト : 経済ニュース エコポイント5月15日から エアコンや地デジテレビ


 政府は21日、省エネ家電の購入促進策として追加経済対策に盛り込まれた「エコポイント」について、5月15日以降の購入分から消費者に付与すると発表した。対象となるのは、一定の省エネ基準を満たしたエアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビ。エアコンと冷蔵庫は価格の5%程度、地デジテレビは10%程度を消費者に還元する。古い家電をリサイクルに出せば、リサイクル料相当のポイントも。





[PR]
by amamigennki | 2009-04-21 12:59 | 暮らし