鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大好評のお化けカボチャ。

『せっかく賑わい感があるのに、外すのはもったいない』

『クリスマスまでは付けておいて欲しい』

『外すなー!』

などなど、、。

撤去しないで欲しいとの声を沢山頂いたお化けカボチャでしたが、シーズン物ですので、残念ながら撤去しました。

楽しかった設置作業とは打って変わり、全体に寂しい空気感が漂った撤去作業。その、寂しい模様をダイジェストで。。。
a0074317_1429011.jpg

軽トラックを使って回収作業をこなす『セントラル楽器』の指宿君と、『東京堂』の泉君。

a0074317_14291922.jpg
女性も高所作業を頑張っています。
『東京堂』泉姉さんと、『シルク』の平田さん。

a0074317_14293060.jpg
のぼり用のベースを取り付ける、『パウパウ』のトモちゃん。

a0074317_14294136.jpg
目にも留まらぬ早さでボルトを締め上げる、『セントラル楽器』の島岡さん。

a0074317_14295167.jpg
撤去作業終了。
』の新井君と『丸親』のミズキちゃんも頑張ってくれました。

それにしても、撤収作業ってやつはアッと言う間に終わってしまいますね。
そこがまた寂しさを倍増させてくれます。








忘れてました。。。a0074317_1430057.jpg

遅れてきた若大将、『andR』のブッチ君。
彼一人だけ満面の笑みで、Vサインをしています。


ちなみに彼の作業と言ったら、この脚立に登っただけです。

a0074317_1432117.gif

[PR]
by amamigennki | 2006-11-18 15:02 | 奄美本通り名店街
お久しぶりです。
奄美本通り名店街会長 惠です。

秋祭にかこつけて本業をほったらかしに。おかげで仕事に追われる毎日です、、、自業自得ですが。


しかし、

そんな日々にも行事ごとはやってくるもので、11月15日には、娘の七五三のお祝いをしました。

と、言うわけで、

今回は思いっきり父親目線で、奄美本通り名店街加盟店をご紹介しようと思います。


もちろん、モデルは娘です。手前味噌です!

有限会社 中央カラー現像所
a0074317_1939113.jpg

素敵な店頭ディスプレーと、人気のブライダル写真集。そして、中央写真館の店名でお馴染みの『有限会社 中央カラー現像所』さん。

こちらで娘の記念撮影をしました。

a0074317_19415414.jpg
『初めてのお化粧』
頬紅塗って、口紅付けて、あらカワイイ!!

暴れる娘に着物を着せて〜セットして〜、と、準備で大慌てだったので足下はスニーカー、メイクもすっかり忘れていましたが、優しいお姉さんが綺麗にメイクをしてくれ大助かり!!

メイク室では子供向けのアニメを放映するなど、気配りも満点でした。

ちなみに娘が履いているNIKEのスニーカーは、『ギンザヤ靴店』さんにて購入。店頭にサイズがない場合はお取り寄せもしてくれるので、気軽に相談してみて下さい。

なお、レジにて『奄美の商店街ブログを見た!』と言うと、期間限定で『○○がサービス!!!』


とかならいですかね〜?
相談してみよっと。

a0074317_19425434.jpg

a0074317_19432636.jpg

a0074317_19435074.jpg

流石は百戦錬磨(?)の中央写真館。小さい娘を上手にあやしながらの撮影でした。
レンタル衣装も豊富に揃えていましたので、『写真で七五三』のご家族にも大好評!
撮影がまだのご家族は、週末にでも立ち寄られてみては、、、オススメですよ。

<有限会社 中央カラー現像所>
■コメント:
デジカメプリント19円!あなたの思い出キレイにたくさん残しましょ!!
■お問い合せ:
〒894-0027 鹿児島県奄美市名瀬末広町1−18
TEL:0997-52-1273
ブログはこちらです。

『レンタル衣装もいいけど、最初の着物は揃えてあげたい』
そんなご家族には、中央写真館道路向かいの『呉服の前之浜』さんがオススメ。種類も豊富に揃っています。
a0074317_19441938.jpg
このセットが2万円以内でお求め頂けます。

<呉服の前之浜>
■お問い合せ:
〒894-0027 鹿児島県奄美市名瀬末広町9−5
TEL:0997-52-0532

a0074317_19444434.gif

[PR]
by amamigennki | 2006-11-17 20:31 | 奄美本通り名店街
久留です♪

11月1日
奄美市役所にて、昨日の勉強会の今後の打ち合わせをしました。

その後、南海日日新聞社の創刊60周年記念パーティーに出席。

11月3日
市民体育大会に来賓で呼ばれていましたが、パスさせていただきました。
すいません。

11月8日
奄美本通り名店街の秋祭りの反省会にお声が、かかり、出席予定。
惠会長、ありがとうございます。

11月の役員会議について
まだ、11月の通り会連合会の役員会議の日程を決めていません。
内容としては?
1 今後のまちづくり3法の勉強会の方向性について
2 市の方から「子育て支援事業」の依頼・説明
3 歳末の売り出しについて

会の議題や内容が、決まり次第、開催文を流す予定です。
個人的には、会社の決算準備の為、時間が、取れていません。
ご理解をお願いいたしますね。


☆ 追 伸 ☆
中央通りアーケードの【ブログ担当者】が、決まりました(^○^)
お受けくださり、ありがとうございました。
来年の4月までには、第1号を投稿していただく予定です(^○^)
無理せず、ゆっくりで構いませんので是非、商店街の活性化の為、ご協力お願いしますね♪

10月の東京出張の際に奄美市の東京事務所に遊びに行きました♪
元紬観光課で元商工水産課のYさんと夜10時30分まで語ってきましたよ♪
相変わらず、Yさんは、東京に行っても、夜11時半まで仕事をしているらしいです(^○^)
ほんとうに尊敬しています!


[PR]
by amamigennki | 2006-11-07 11:06 | 商店街活性化
◎久留です。 下記の文章が、通り会連合会の役員の方々に配布した文章です。  

                                      
                                          平成18年10月吉日
 
通り会連合会役員各位

                                           奄美市通り会連合会
                                             会長 久留 幹生

                                   
      改正まちづくり三法に係る勉強会の実施について

 時下,貴殿におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 また、中心商店街の活性化策につきまして、日頃よりご支援ご協力を賜り、感謝申し上げます。
さて,今般、国(国土交通省・経済産業省)において、まちづくり三法(中心市街地活性化法・都市計画法・大規模小売店舗立地法)の見直し(改正)が行われ、今後のまちづくり施策に大きな動きが見えてきたところです。
中でも、今年8月に改正されました中心市街地活性化法につきましては、事業実施において行政主導型から民間主導型という形での方向性が色濃く出ていることや、実効性の高いまちづくり計画の作成などが掲げられており、計画達成に向けた商業者や地権者等を主体とした組織(中心市街地活性化協議会)づくりが求められております。
これに伴い,本連合会としましても、法律の改正内容を把握し、今後、まちづくりを進める上で、どういった活動をすればいいのかということを検討していく必要があると考えているところです。
つきましては、下記日程で勉強会を実施し、今後の連合会としての方向性を検討していきたいと思いますので、お忙しいところ誠に申し訳ありませんが趣旨をご理解の上,役員の皆様の多数ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。

                    記
 
         開 催 年 月 日    :平成18年10月31日(火) 20:00~

         開  催  場  所   :奄美大島商工会議所2階会議室

         アドバイザー(講師)   : (株)事業開発推進機構 土肥健夫氏



             改正まちづくり三法に係る勉強会の目的

中心市街地活性化法が施行されてから8年が経過したが、中心市街地の衰退にはなかなか歯止めがかからないのが現状である。中心市街地の衰退の要因は様々ではあるが、原因として生活者の変化やモータリゼーションの進展等による「まちの郊外化」、まちづくりに対する参加者の偏り、厳しい事業環境や熾烈な競争による事業意欲の低迷等が指摘されているところである。我が国では既に長期にわたる人口減少という大きなパラダイムシフトが始まっており、まちづくりに関しても新規投資よりは、既存ストックの有効活用等による都市機能の集約化を図ること(「コンパクト・シティ化」)が望ましく、中心市街地の活性化もこのような取組みの一環として進められることが求められている。
 特に、これまでのタウンマネジメント活動については、①商業の活性化に偏っている点、②実施責任や費用負担等が不明確な点、③地権者等関係者の積極的な参画が得られていない点、等が課題となっている。このため、改正中心市街地活性化法においては、中心市街地活性化の推進体制とされ、TMOの再編、抜本的な機能強化をすることとしている。
具体的には、商工会議所等の経済団体のみならず、地権者等の幅広い参画を得て、様々な民間活動を取りまとめる「中心市街地活性化協議会(以下「協議会」という。)」を新たに設置し、市町村の基本計画を踏まえた「都市機能の市街地集約」及び「にぎわい回復」などの、まちづくり全体に関わる活動を総合的にプロデュースする実効性のある主体とすることとしている。今後、協議会が行政、地権者、商業者、NPO等の多様な関係者の参画を得て、個々の事業者間の利害調整を行いつつ、継続的、発展的で公平なまちづくりを如何に推進できるかが中心市街地活性化の鍵となっている。
改正法の施行を受け、九州管内でも福岡県久留米市、大分県豊後高田市がいち早く協議会を設立し、活性化に係る検討や事業化の準備を進めている。こうした状況の下、奄美市においても、改正法への対応の是非、計画や取組みの検討・準備組織としての協議会の在り方、これらを含めた取組み方等を検討することが必要となっている。こうした認識の下、その端緒として、今回の勉強会を実施する。



各通り会の参加者は、18名でした。
ご参加いただいた各通り会の役員の皆様、ありがとうございました。

ご参考までに
平成18年度戦略的中心市街地中小商業等活性化支援事業費補助金(中小企業等事業枠)の第3次募集について、お知らせしますね♪
[PR]
by amamigennki | 2006-11-05 10:26 | 商店街活性化