鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー

<   2009年 04月 ( 78 )   > この月の画像一覧



↑宣伝して下さる方はご自由にお使い下さい。
(クリックすると拡大画像が開きます)

カンモーレ市場・金曜市を応援していただいている皆様へ

さぁ大型連休ですよ〜!
皆さんはどんなプランを立ててますか?

金曜市は,今回も元気に楽しく開催していきます。
どうぞご来店ください。

今週の金曜市は話題満載!


その1
市場DEライブに「商工水産ズ」登場

新年度に入り,その後の活動が注目されていた(?)「濱田洋一郎と商工水産ズ」ですが…,何事もなかったかのように,しかも新曲アカネの街(作詞:當田栄仁 作曲:濱田洋一郎)の発表という形で市場に戻ってきます。

當田・濱田での第3作は,初のバラード。
復帰間もないシマへのノスタルジー!
當田栄仁
渾身の大傑作に濱田がメロディーをつけました。
ぜひ聴きに来てください。

*作詞家 當田の詞に込めた想いはこちら↓

 今年は奄美群島祖国復帰55周年です。
 島ンチュの団結で勝ち取った歴史的偉業を,後輩である私たちは,少なくとも節目ごとに,胸に深く刻みつけなければならないと思います。
 貧しくとも希望に胸を膨らませ力強く生きていた人々に会いたい。文芸・演劇が盛り上がり「奄美ルネッサンス」とも言われる時代の熱を感じてみたい。

 そんな願望から,タイムスリップして気がつくと夕方の拝山の山頂,眼下に広がる茜色の街をさまよい,若き日の父と母に出会う。声をかける刹那夢から覚める,といいうストーリーを設定しました。
 モチーフは「まち色第5号」の取材でうかがった永井常森氏のお話。復帰運動の舞台となった名瀬小学校の石段についての取材でしたが,復帰運動の熱気と共に生き生きと当時の街の様子をお話いただきました。
 「郷愁」がテーマですが,決して後ろ向きな気持ちではなく,先輩方が培った夢を明日につないで花咲かせたいという熱い想いを綴りました。
※ミュージックサイレンが設置されるのは復帰後しばらくしてからですが,ファンタジーとして敢えて入れています。

「アカネの街」の歌詞はコチラ
↑クリックしてご覧下さい。別画面で拡大歌詞が開きます。


もちろん「カンモーレ市場のうた」
「島バス」
「YANGOへGO」
「ほーらしゃON−DO↑」も歌いますのよぉ〜♪

また,この日なんとMBC(南日本放送)の取材班も入るため,前回「ビッグダディ!」でまったく写らなかったメンバーも気合いが入ってます。

6/14放送予定の「窓をあけて九州」でテレビデビューを果たす「商水ズ」にご声援を!



その2
麺や・酒房 大翔さん

「奄美創作ラーメン」が大好評な「大翔」さんの看板メニュー,
フルムンめん』のお持ち帰りパック(2食入り)を限定販売,さらに調理師の経験を活かしたこだわりのお茶うけ(ピーナッツ味噌,豚味噌,黒糖豆菓子などなど)も併せて販売いたします。

また,大翔さんは,「奄美大島インターネット酒店」を展開中。取り扱っている18社,18銘柄も展示いたします。


その3
名瀬港町火災チャリティー

2週にわたりご協力いただきましてありがとうございました。4/30までに集約し,今回の金曜市にて義援金をお渡ししたいと思います。
募金していただいた方々,商品を提供していただきました,「大幸水産」の皆さん本当にありがとうございました。



〜 期 日 〜
平成21年5月1日(金)
正午〜午後6時
(ライブは夕方5時30分から)

〜 会 場 〜
名瀬末広町 末広市場内
(AiAiひろば近く,永田川沿い)

〜 出店者 〜
アイドーラ農塾(無農薬野菜)
あしたばベーカリー(パン)
奄美のしずく(酵素飲料※試飲可)
観葉植物の張さん
ひょうたん郷(地場産野菜)
ゆてぃもれ(地場産野菜)
麺や・酒房大翔
東おかず店(島豚惣菜)
川畑商店(黒糖土産)
芳商店(乾物)

それでは,カンモーレ市場でお待ちしておりまーす。

「どぅしんきゃ,あぶてぃ カンモーレ」
はげぇー,うがしじゃが!



[PR]
by amamigennki | 2009-04-29 20:08 | カンモーレ市場
伊勢高柳商店街バリアフリー化を国が評価 「新・がんばる商店街77選」に : 中日新聞

 伊勢市市街地の伊勢高柳商店街が、年齢や障害の有無を問わず買い物を楽しんでもらう福祉の取り組みを評価され、経済産業省中小企業庁の「新・がんばる商店街77選」に選ばれた。
同商店街振興組合の理事長(57)は「簡単ではないが、商売にも生かし、今後も続けていきたい」と話している。


 伊勢高柳商店街は曽祢1、宮町1にまたがり、アーケードに覆われた長さ延べ約300メートルの道の両側に、衣食住などの56店舗が並ぶ。

 福祉の取り組みは、郊外への大型店舗進出や、少子高齢化などを受け、商店街の生き残りを模索する中で始めた。

 2003年から店内の段差解消や車いすで気楽に買い物ができる陳列の工夫などを進め、04年に「ユニバーサルデザインのまちづくり宣言」を発表。05年は、商店街に隣接する高柳児童公園のトイレのバリアフリー化を手掛けた。


 07年は、60歳以上の高齢者や18歳未満の子どもを持つ家庭を応援する「ふくふくカード」を発行。

加盟店での購入時、最大10%の割引やティッシュ、小物のプレゼントなどをしている。





[PR]
by amamigennki | 2009-04-29 10:30 | 中心市街地活性化
「知りながら害をなすな」がプロの倫理 : ダイヤモンドオンライン


「マネジメントたるものはすべて、リーダー的地位にあるものの一員として、プロフェッショナルの倫理を要求される。
それはすでに、2500年前のギリシャの名医ヒポクラテスの誓いのなかにはっきり表現されている。
知りながら害をなすな、である」(『エッセンシャル版マネジメント』)


 顧客となるものから、「プロたるものは知りながら害をなすことはない」と信じてもらえなければならない。
これを信じられなければなにも信じられない。


 企業倫理なるものが企業に特別課されているかについては、大いに議論がある。企業の社会的責任なるものが、本業のほかに何を含むかについても、大いに議論がある。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-29 10:00 | マーケティング
金沢・片町商店街で定額給付金キャンペーン-給付金の地元消費狙う : 金沢経済新聞


金沢市の定額給付金が4月下旬に支給開始されるのに合わせて、片町商店街振興組合は今月25日、「片町まるごと『定額給付金』応援キャンペーン!」を始めた。


 同キャンペーンには、若者向けのアパレルショップから深夜営業のバーまで122店舗が参加。5月31日までの期間中に限り1万2,000円に値下げしたブランド品や、1万2,000円分を買うと割引クーポンや景品を進呈するなど、各店が独自の特典を用意し、給付金の地元消費を呼び込むのが狙い。


、「おねえさん、あなたの物欲が日本を救います」「おにいさん、あなたの食欲が未来を明るくします」と呼びかけるポスターや街灯フラッグも装飾し、街行く人に片町での消費拡大を訴えている。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-29 09:00 | 商店街活性化
商店街活性化 提言を冊子に 東山のまちづくり講座受講生 : 京都新聞


京都市東山区のまちづくり講座の受講生たちがこのほど、同区の商店街でアンケート調査などを行い、商店街を人が集まる交流の場として活性化させるための提言を冊子にまとめた。

空き店舗で学生も交えた趣味の講座を開くなどのアイデアを示し、「商店街の新たな可能性を探るヒントにしてもらえたら」と期待している。




[PR]
by amamigennki | 2009-04-28 11:00 | 商店街活性化
めんそーれ、“沖縄的激辛中毒世界”へ | Excite エキサイト

沖縄特産品ショップで、見るからに辛そうな気になる調味料を見つけた。

「やんばるひぃはぁふぅ」

何を言ってるかさっぱりわからないが、辛そうな雰囲気はよく伝わってくる。なにしろ、“ひぃはぁふぅ”ですから。


ところで、この「ひぃはぁふぅ」は、沖縄山原(やんばる)的超激旨辛唐辛子柑橘練調味料である。

島唐辛子、山原産ハバネロ、シークァーサー果実を丸ごとと、本場泡盛仕込み30度、クエン酸の宝庫・もろみ酢、さらにミネラルの宝庫・ノニと純黒糖、沖縄海洋深層水の塩という、8つの県産品のコラボレーションで、辛いもの好きだけでなく、沖縄好きの心もがっちりつかむ、心にくい商品だ。沖縄の島唐辛子にハバネロを加えたところに、柚子こしょうをヒントにかんきつ類のシークワーサーを、さらに味を整えるために塩や、まろやかにするために黒糖をプラスするなどで8種のブレンドとなった。





[PR]
by amamigennki | 2009-04-28 10:30 | 観光
名前負けしていない、沖縄の黒糖菓子「ちょっちゅね」 | Excite エキサイト

お土産にもらって、美味しかったり、面白かった地方のお菓子のパッケージを、スクラップしている友人がいる。
そんな彼女がヒット商品といって教えてくれたのが、沖縄の黒糖菓子「ちょっちゅね」


「ちょっちゅね」といえば、具志堅用高の名ゼリフ!彼のキャラクターとその響きが相まって、何とも言えない可笑しさを醸し出していた。だから「ちょっちゅね」なんてお菓子は、もうそれだけでなんだか可笑しくなる。

というわけで、ジャケ買いならぬ、ネーミング買い? というべきなのか、さっそく地方物産品を扱う渋谷の東急フードショーで「ちょっちゅね」を手に入れた。ところで、今さらだけど「ちょっちゅね」とは、やっぱり沖縄の方言なのだろうか?






[PR]
by amamigennki | 2009-04-28 10:00 | 観光
空き店舗使い活性化 南相馬・原町中心商店街 : 河北新報社


福島県南相馬市原町区の中心商店街にある空き店舗を活用し、チャレンジショップや農産物直売所を集めた「まちなかひろば」が、22日オープンした。


 空洞化が進む中心街の活性化事業として、市が約3000万円の予算で取り組んだ。

十数年前から空き店舗となっていたJR原ノ町駅西側のパチンコ店(約420平方メートル)を改装し、将来市内に店を開く意欲のある起業家を募った。運営は同市のNPO法人実践まちづくりに委託した。


 店内には地元産の野菜や山菜、パンや総菜などを格安で販売する「市民市場」、アクセサリーや駄菓子屋などのチャレンジショップ4店が出店。店の外でも居酒屋などの飲食店6店による「屋台村」が営業している。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-27 09:30 | 商店街活性化
Excite エキサイト : 社会ニュース 車の「相乗り」サービスが人気 不況下での新節約術


自家用車やタクシーなど移動にかかる費用を「相乗り」で節約しようというサービスの人気が不況の中で急上昇してきた。深夜帰宅するときに、携帯電話のサイトで同乗者を募集して成立、などといった仕組みだ。


同じ方面に帰るタクシーの相乗り希望者を募る

タクシーの相乗り仲間を見つけられるのは「タクトモ.com」というサイト。携帯用だが、パソコンでも使える。同じ方面に帰るタクシーの相乗り希望者を募り、料金をシェアしようという仕組みだ。自分の現在地から帰りたい方面と集合時間を書き込む。それを見た他のユーザーが返答し、相乗りが成立する。女性専用の「タクトモL」や、タクシー運転手から運賃の提案を受ける「マッチング機能」もよく利用されている。「いつ、どこまでいく」という条件を打ち込むと、運転者から料金が示され、同時に相乗り相手も募集できる仕組みだ。


車の「相乗り」サービスが人気 不況下での新節約術 : J-CASTニュース





[PR]
by amamigennki | 2009-04-27 09:00 | 環境
16連休か働き詰めか 「ゴールデンウィーク」どう過ごす? : J-cast


外出派は「国内旅行」、巣ごもり派は「ネット」

ブログでも「GWは温泉に行く」とか「旅行に出かける」と書いている人が目立った ネットリサーチのアイシェアは2009年4月17日、「ゴールデンウィークの過ごし方」についてのアンケート調査の結果を発表した。20代から40代のネットユーザー366人を対象に2009年3月30日~4月2日、調査を実施し、回答を集計した。

調査が行われたのがゴールデンウィークの約1ヶ月前ということもあり、外出の予定が「ある」と答えた人は24.3%にとどまった。外出予定のある人にどこへ行くかをたずねると、1位「国内旅行」、2位「ドライブ」、3位「温泉」となった。


一方、ゴールデンウィーク中に自宅ですることは「インターネット」が1位で、若い年代ほど回答者が高かった。
2位は「掃除・片付け」で、こちらは上の年代ほど比率が高かった。3位は「読書」。特に20代で多いというのが興味深い。



「暇だけは腐る程あるが、金がなきゃ動けない」

--------------------------------------------------------------------------------

Excite エキサイト : コラムニュース 年代が上がるほど片付けたくなる?2009年GWの過ごし方


外出の予定があるのはまだ2割半 ~外出先トップは「国内旅行」。30代には「温泉」も人気

詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。






[PR]
by amamigennki | 2009-04-26 11:30 | マーケティング