鹿児島県奄美市(奄美大島)の商店街310事業所の『奄美市通り会連合会』の活性化事業などをブログ形式でご紹介します♪(中心市街地活性化 商店街活性化 まちづくり 奄美 観光)


by amamigennki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
【活気を呼び戻せ 新・がんばる商店街】(3)本町大通り商店街 山形県長井市 : 産経新聞

「音楽」核に多彩なイベント

 山形県長井市の「本町大通り商店街」では毎年秋、市民手づくりの音楽を中心としたイベント「もとまち青空フェスティバル」を開いて地域活性化を図っている。地元学生らの吹奏楽部が青空の下で演奏を披露し、フリーマーケットなどでにぎわう。今年で11年目を迎える恒例行事となっており、市内外の認知度も高まってきた。空洞化に悩む商店街への誘客につなげようとする動きも出てきている。

 約 380メートルの商店街に28軒の商店が軒を並べ、ちょうど中央付近に昭和2年に建てられた洋風建築の「桑島記念館」がシンボルとしてたたずむ。桑島記念館は元は眼科医院だったが、新築による解体が決まると保存を求める声があがり、平成7年に建物はそのままで現在地に移転した。今は建物とともに、駐車場に整備された周りの広場が、商店街の文化事業やイベントの場として再活用されている。

 「もとまち青空フェスティバル」は、この桑島記念館の再活用の動きのなかで11年前に産声を上げた。


■ ■ ■

 フェスティバルの主なテーマは「音楽」。桑島記念館と前の広場を会場に、地元小中学校、高校の吹奏楽部による演奏の発表がメーンイベントとして行われる。学校側にとっても、青空の下で大勢の前で演奏できる貴重な機会になっている。ほかにも、市民が品物を持ち寄るフリーマーケットや、地元産の野菜、名物を味わえるカフェなどを設置し、ビンゴ大会も行う。

 県外からの露天商などは呼ばず、「市民による市民のためのイベント」(同課)だ。参加者は11年の第1回から2000人前後、昨年は約3000人という盛況ぶりを見せた。今年10月には11回目の開催を予定している。
 フェスティバルの成功を追うように、近隣商店街も新たなイベントを立ち上げるなど、周囲に与えた影響も小さくない。
 同市も「10年も続くというのは評価できる。これからも市の商店街が盛り上がる起爆剤になってほしい」(同課)と期待を込める。


■ ■ ■

 同商店街も後継者不足や空洞化は大きな悩みで、フェスティバルを活用して、どう継続的に商店街の活性化につなげられるかが課題だ。フェスティバルをきっかけに、少しでも各商店に触れてもらおうと、店舗へ人を呼び込む仕掛けづくりも始めている。

 昨年は、「ワンコインショップinもとまち&スタンプラリー」を企画。商店の店頭に 100円と 500円のワンコイン商品を並べ、2店舗で買い物をしてスタンプを押してもらうと抽選で賞品が当たるものだ。子供たちがバスケットを持って、商店を回ってお菓子を集める「ハッピーハロウィン」も催した。

■ ■ ■

地域循環システム「レインボープラン」 
 本町大通り商店街の「新・がんばる商店街」への選定には、地域循環システムへの取り組みも評価された。山形県長井市では、家庭などから出る生ゴミを分別収集して堆肥(たいひ)を生産し、農地に還元するプロジェクト「レインボープラン」に取り組んでいる。平成20年度には、約4600世帯から集められた生ゴミから生産された堆肥約 310トンが農家などに販売・提供された。この仕組みで栽培された「レインボー野菜」は、青空フェスティバルでも販売されている。

--------------------------------------------------------------------------------

『新・がんばる商店街77選』を公表 ~各地で始まる「地域コミュニティの担い手」としての取組み~ : 経済産業省





[PR]
# by amamigennki | 2009-05-18 11:00 | 【新・がんばる商店街】
割増商品券、換金せず再利用も可 黒石商店街 : 河北新報

 青森県黒石市の黒石商店街協同組合は15日、定額給付金の支給に合わせ、1割増しのプレミアム商品券を発売する。商品券を受け取った事業者が、消費者として再利用できるのが特徴。市内で商品券を循環させ、地元経済の活性化を狙う。地域通貨を念頭に置いた試みで、東北では初めてという。

 商品券は1セット1万1000円分を1万円で購入できる。総額1億円の1万セットが用意され、使用期間は6カ月。割り増し分の1000万円は黒石市が負担する。市産業会館で15―17日に販売される。

 組合によると、事業者が商品券を換金する際の手数料は通常、額面の3%。換金せずに再利用された場合は2%に引き下げ、循環を促す。利用回数に制限はない。





[PR]
# by amamigennki | 2009-05-17 11:00 | 中心市街地活性化
農業ブーム到来! ってホントっすか? R25.jp

(前編)最近、農業がブームらしいです。

新聞やテレビ、経済誌なんかでも頻繁に
特集記事を見かけるようになりました。
雑誌『BRUTUS』でも丸々一冊、
企画を組んだくらいの並々ならぬ注目度です。

実際、人気がジワジワ上がっている直売所など
元気な農業ビジネスも増えてきているように感じます。

ですが、一部では相変わらず「農業キツイ!」という声も…。
農業でしっかりビジネスするのってやっぱり大変なんでしょうかね?


自立が課題の農業
骨太な若人たちに期待大!


3Kのイメージが拭い去れない農業を、男性向けのクオリティ・マガジン『BRUTUS』が扱ったことは個人的に事件でした。「みんなで農業。」(2007年2月2日発売号)と題された特集では、若い男女が満面の笑みで農業に勤しむ姿が取り上げられているではないですか! うん、楽しそうだし、しかもちょっとオシャレっぽい。ブームとまではいかなくても、少なくとも世間の注目を集めていることは間違いないみたい。

ほかにも、農業に勢いを感じる例がチラホラ。

“都市と農村の交流”をテーマに渋谷・代々木公園で開催されている東京朝市「アースデイマーケット」も若者であふれているし、 (続きを読む)

--------------------------------------------------------------------------------

東京朝市 アースデイマーケット EarthDayMarket : (関連記事)奄美の商店街ブログ






[PR]
# by amamigennki | 2009-05-17 10:30 | 農業
ネット界への挑戦状!? 『ウェブはバカと暇人のもの』 | Excite エキサイト
ネット界への挑戦状!? 『ウェブはバカと暇人のもの』

書店で挑戦的なタイトルが気になり、思わず手にとってしまった話題の新書、『ウェブはバカと暇人のもの』。「ネットでウケる話題とはどういうものか?」を考えない日は1日もないのだが(←大袈裟)、自分が心底おもしろいと思い自信のある記事と、実際に反響のある記事とのあいだには「深くて暗い何か」がある……ということは少ない経験からも感じ続けていた。そんな私にとっては思いあたるフシが満載の、久々に「読んでよかった、おもしろかった」と思わせてくれた本書。

ページビュー(PV)を上げ、荒らしコメントを削除することに日々追われる自らを自嘲気味に「IT小作農」という著者の中川氏は、ヘビーなネット漬けの生活を送る某ニュースサイトの編集者。「他人を『死ね』『ゴミ』『クズ』と罵倒しまくる人」や「『通報しますた』と揚げ足とりばかりする人」や「妙に品行方正で、優等生的な発言しかしない人」etc……を具体例に挙げつつ、本書でいわく、ネット世論の“くだらなさや気持ち悪さ”をこれでもかとばかりに紹介。そして、そんな自らの経験から導き出した、ネットでウケる商品や企画の性質をわかりやすく解説してくれる。

(続きを読む)ネット界への挑戦状!? 『ウェブはバカと暇人のもの』







[PR]
# by amamigennki | 2009-05-16 11:00 | マーケティング
シルバーウィーク『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゴールデンウィークがあればシルバーウィークもあるのでしょうか?

……はい、あります。11月3日「文化の日」を中心に催し物が続くことから命名されましたが、ほとんど定着しませんでした。

それから、2009年の9月に次のような5連休となるため、この大型連休をシルバーウィークと呼ぶ動きがあります。

・9月19日(土)、20日(日)、21日「敬老の日」(ハッピーマンデーにより休日)、22日(国民の休日)、23日(秋分の日)

※土曜日も休日とみなした場合です。

2009年9月 カレンダー : 日めくりカレンダー.COM





[PR]
# by amamigennki | 2009-05-16 10:30 | 観光
Excite エキサイト : 社会ニュース エコポイント商戦開始 大手量販店は出足好調

 省エネ家電の購入を促す政府の「エコポイント」制度が始まった15日、家電量販店の来店客数は通常の平日より多く、対象商品の売り上げも大幅に伸びるなど順調なスタートを切った。総合スーパーを含む小売り各社は、独自の値引きセールを始めるなど販売戦略を強化している。同制度は、一定の省エネ基準を満たすエアコンや冷蔵庫、地デジ対応テレビを買うとポイントがもらえ、商品券などと交換できる。





[PR]
# by amamigennki | 2009-05-16 10:00 | 暮らし


↑宣伝して下さる方はご自由にお使い下さい。
(クリックすると拡大画像が開きます

カンモーレ市場・金曜市を応援していただいている皆様へ

蒸し暑い日が続いています。
そろそろ梅雨が近づいてきた感がありますが,皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて,今週も金曜市を元気に楽しく開催していきます。どうぞご来店ください。


出展者大募集

カンモーレ市場・金曜市では,随時出店者を募集しています。
金曜市は「地産地消」をモットーに,民間主体で市場の空き店舗を有効活用することにより,市場,中心商店街,ひいては地域全体の活力を取り戻そうという試みです。

市場の既存店と毎回出店者をあわせると,現在10店舗程度ですが,もっともっと金曜市を盛り上げたいと考えております。

1回につき500円で出店が可能!です。
しかも,出店内容に特に制限はありませんので,希望者の方がいらっしゃいましたらぜひお問い合わせください。

出店等に関するお問い合わせ:
代表者 ゆてぃもれ・加藤さん
電話54−1108


麺や・酒房 大翔さん

奄美皆既日食「暗闇ラーメン」完成

太陽に輝く夏の奄美が,一瞬だけ宇宙の神秘に包まれる。
2009年7月22日,今世紀最大の天体ショーをイメージしたラーメンがついに完成しました♪
詳しくは金曜市で!    

大翔さん特製のお茶うけ(ピーナッツ味噌,豚味噌,黒糖豆菓子などなど)でお茶しませんか?金曜市で試食でできます。
※セルフサービス


今週の市場DEライブ

先週から始まっている,島唄シリーズですが,今週は瀬戸内町在住のベテラン唄者永井 しずのさんの出演が決定しました。

幼少の頃から,唄者であるお父さんの島唄を聴いて育った永井さんは,いったん島を離れたのち,30代でUターンしたことを機に本格的に島唄を始め,岡野正巳氏に師事

古仁屋での三味線教室のかたわら,公民館講座では島唄の講師も務めている。また,米田みのりさんをはじめ,永井さんの育てた若手唄者も多い。

平成18年・19年の奄美民謡大賞(壮年部)で優秀賞。
平成19年奄美シマ唄日本一大会(壮年部)で優勝。
平成21年九州民謡民舞の祭典(中年部)で準優勝など,受賞歴多数。

『彼女の島唄を聴くと背筋がシャン!とする。』と大絶賛を受けている永井しずの さん。
カンモーレ市場に初登場です。




〜 期 日 〜
平成21年5月15日(金)
正午〜午後6時
(ライブは夕方5時30分から)

〜 会 場 〜
名瀬末広町 末広市場内
(AiAiひろば近く,永田川沿い)

〜 出店者 〜
アイドーラ農塾(無農薬野菜)
あしたばベーカリー(パン)
奄美のしずく(酵素飲料※試飲可)
観葉植物の張さん
ひょうたん郷(地場産野菜)
ゆてぃもれ(地場産野菜)
麺や・酒房大翔
東おかず店(島豚惣菜)
川畑商店(黒糖土産)
芳商店(乾物)

それでは,カンモーレ市場でお待ちしておりまーす。

「どぅしんきゃ,あぶてぃ カンモーレ」
はげぇー,うがしじゃが!




○出店等に関するお問い合わせ
カンモーレ市場実行委員会(代表者)ゆてぃもれ・加藤さん
0997-54-1108

○広報等に関するお問い合わせ
特定非営利活動法人 まち色
0997-57-0139
http://machi-iro.com


[PR]
# by amamigennki | 2009-05-14 11:27 | カンモーレ市場
Excite エキサイト : コラムニュース 2009年の「習い事・スクール・講座」は仕事より趣味が優勢

女性の6割が1日体験レッスンに注目
 ~「スクール」人気に追いつきそう?4割の男性が「通信教育」を支持

詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。

新年度を迎えて心機一転、新しいことにチャレンジしようと思っている人もいるのではないだろうか。そこでこれからはじめたい習い事について20代から40代のネットユーザー男女357名に調査を実施、回答を集計した。

これからしてみたい習い事やスクール・講座が「ある」としたのは全体の36.7%。女性(46.5%)と20代(40.6%)に関心がある人が多かった。してみたいことを自由回答で聞いてみると、『簿記』、『宅地建物取引主任者』、『行政書士』などのビジネス資格や『ソフトウェア開発技術者試験』などのパソコン関係、音楽・美術・スポーツなどの趣味関係と多岐にわたる回答がみられた。

習い事をしてみたい理由を複数回答で答えてもらうと「趣味(69.5%)」が最も多く、以下「現在の仕事でスキルアップするため(35.9%)」、「自信をつけるため(32.1%)」、「転職の武器にするため(22.9%)」と続いた。男性では「現在の仕事でスキルアップするため(43.1%)」、「交友関係を広げるため(25.5%)」といった目的を選ぶ割合が女性より高く、趣味だけではなくキャリアアップや人脈拡大も大切なファクターと考えている様子がうかがえる。


--------------------------------------------------------------------------------

Excite エキサイト : コラムニュース 趣味講座も仕事資格も楽しさがポイント!





[PR]
# by amamigennki | 2009-05-14 10:00 | マーケティング